TV中毒ヘロヘロステーション
主に鉄道関連中心に自らの趣味話を 書いていきたいと思います。
プロフィール

TV中毒

Author:TV中毒
主に趣味である鉄道(貨物・模型)のことを掲載していきたいと思っております。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



新着記事



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ブログ村

クリックしていただけますと幸いです。



JEMA(ギフトと模型材料)shop



近況2017/10/16
久しぶりにブログを((笑))
先日8日に小樽へ行ってきました。
PA081734.jpg

PA081744.jpg
連休中でもあり運河周辺を中心に結構な混雑。。。画像ではそんな気配は感じませんが(笑)
小樽総合博物館では鉄道の日も近いとあって鉄道模型の運転会も行われていました。
今回はDD13のお色直し画像一枚のみで。
目的は昨年十一月に完成した旧手宮線の博物館側の遊歩道を見ることでした。
P5150723.jpg

P5150843.jpg
この二枚は記憶が確かなら2011年の5月あたりに撮影した画像です。
いかにも廃線らしいというか、説明不要ですね(笑)
そして今回の画像です。
PA081743.jpg

PA081745.jpg

PA081741.jpg
走行できそう(笑)なくらい綺麗に整備されていました。

続いて鉄道模型専用線モジュールを。
ジオコレを使用して倉庫を製作してみました。
当然ジオコレはNゲージサイズなのですが(笑)
発売当初からず~っと気になっていた倉庫Bという製品を使用して
1/80に合わせるべく加工を施しました。
PA161747.jpg

PA161750.jpg
加工内容としては3個の倉庫Bをそれぞれ2mm厚プラ板で基礎部分をかさ上げして
それらを繋いだあとにプラ板等で奥行きの建屋を増床、および屋根を追設したというもので
以前GM製バス車庫を使用して倉庫を製作した方法を応用した感じです。
シャッターは製品のままだとかさ上げした分足りない~上げ下げの途中のような状態になるので
一枚は製品のまま、もう二枚は継ぎ合わせて完全に閉ざした状態にできるよう一枚に加工
ということで、画像のような3パターンに。。。三か所全閉じは不可能です(笑)
全面屋根の雨どいのような防火用水用配管もジオコレのパイプライン用のを使用しています。
ただ雰囲気重視で実はどこにも繋がっていないという・・・・・(爆)
PA161748.jpg
増床した部分の見える画像です。参考にした建物は特にないのですが
本来ならもっと拡張すると『らしく』見えるのかもしれませんが
置けなくなってしまうので(笑)書割タイプよりはワイドに
そのものの1/80よりはスリムに~というサイズで。
しかしN用のストラクチャーは本当に便利です。
手に入りやすく安価で扱いやすい。別途2mm1,5mm1.2mmのタミヤプラ板と
プラストラクトのスジ彫りされたプラシート(壁、屋根用)などを用意したわけですが
ジオコレ倉庫Bの壁厚がちょうど2mmで簡単にかさ上げできました。
表記類も付属のシールをプラ板に貼り、それを切り出して設置しただけです。
PA161755.jpg
同じくジオコレの電飾も用意したので張り出した屋根あたりにでもと計画中です。
PA161756.jpg
画像左がGM製バス車庫改の倉庫、奥のグレーのがWalthers製の書割式の倉庫です。
この雑多な感じ(笑)特に奥の方に本当は今回の倉庫を置こうとしていたとか
あと線路の見栄えをなんとかしたいとか、完成は近いのか遠いのか?も
未定です(苦笑)
スポンサーサイト
アント
ワールド工芸製アントのディスプレイモデルキットを組んでみました。
P8061721.jpg

P8061723.jpg
プラとエッチング併用のキットですが、折り曲げる箇所にはスジ彫りもあり
比較的組みやすい印象です。完成して感じたことは『やはり走行させたい!』
手押しでは走行しますが、プラ車輪と軸を支持する箇所との問題なのか
レール上ではスムーズに廻ってくれない気がします。グリスを塗布してみましたが
多少はマシになったくらいで・・・・・ボディ内にウエイトがありそれなりの重さはあるのですが
ディスプレイモデルという性質上やはり致し方ないのか、せめて金属車輪があればと。
サイズや軸の細さで他から流用もできず専用のものが必要となりそうですが
発売していただければありがたいなあと(笑)
P8061724.jpg
キットといえば写っているISOコンテナもプラと金属パーツ併用ですが
アント側のものは1/76の全プラ完成品にモリタ製キットから色々と流用して改造したものです。
キットをそのまま組めば良いはずですが説明書をみて面倒になり(笑)
完成品の表記を消し一部の塗装を変更した後に、流用したパーツデカール等を施しました。
ではもう一つの方はと言うと、これがモリタ製キットを組んだものです。
ひとつ完成したので「まあうまくいかなくても」と結局組んでみました(笑)
実はまだ完成していませんが。隣二つのコンテナは1/76なのでわずかに小さい・・・・・
いやこちらが普通でした(笑)『JOT』表記がキット付属のデカールには三つなので
キット組みの写っていない側は当然貼れていません。さてどうしようか考え中です。

あゝどこかスロー走行完璧なアント完成品を発売していただければ~(爆)
三笠鉄道村
少し前になりますが、先月18日に三笠鉄道村へ行ってきました。
P6181685.jpg

P6181690.jpg

P6181688.jpg
この画像三枚は旧三笠駅のものです。約9年ぶり二度目の訪問となりましたが
好天の日曜日ということもあって親子連れの姿が結構見られました。
この場所から少し奥へ(約2km)行ったところに旧幌内駅の三笠鉄道村があります。

P6181692.jpg

P6181694.jpg

P6181697.jpg

P6181700.jpg

P6181699.jpg
三笠駅舎も鉄道村の建物も全く撮影していないことに今さら気づきました(笑)

P6181709.jpg

P6181718.jpg

P6181715.jpg

P6181717.jpg
機関庫を模した館内に保存されているED76-500とDD13、そしてそれぞれの運転台画像です。
他にC12と96も並んであります。小樽の手宮と保存車輛は似ていますが
塩害がないからなのか保存状態は良さそうに見えました。

P6181693.jpg

P6181706.jpg

P6181708.jpg
今回は動態保存されている蒸気機関車牽引列車にも乗車しました。
二枚目は三笠方を、三枚目は鉄道村方を乗車中に写した画像です。
手宮ではSLを転車台で起点終点それぞれにて方向転換させますが
鉄道村では帰路は推進運転となります。結構迫力がありました(笑)
あと今回は利用しませんでしたが、三笠駅付近から鉄道村まで線路が残っていて
予約するとトロッコに乗車して走行できるようです。
札幌北から高速で40~50分くらいで三笠ICに、そこを降りて15分くらいでたどり着けます。
前回の続き
毎年のことですが寒い時期は鉄模活動も億劫になり
今年も例外なくそのようになったので(笑)ブログの更新も
開いてしまいました。。。
それに加え海外での買い物でちょっとしたトラブルに遭い
色々と面倒だなあと。レールのクリーニングとかホコリ除去とかも含めて。。
というわけでモジュールの縮小を実行しました。
そんな大げさなことではないのですが(笑)メンテの簡略化と
忙しくてもスイッチ入れればすぐ楽しめるように~ということで。。。
P6041683.jpg
まだ何もかも途中で雑多な感じですが(笑)
旧油槽所モジュールを宅地化し、DFのいる線路を
この専用線の唯一の本線としました。
以前は空色の背景側にもモジュールがあったのですが撤去し片付け。
(復元しようとすればいつでも可能ではありますが)

P6041677.jpg
買い物でトラブったというのがコレです(笑)
模型ショップや今回利用したショッピング代行業者でトラブったわけではなく
米国内配送中に誤配によって物が消えるという何とも恐ろしい出来事が(苦笑)
ショッピング代行依頼時に任意保険に加入したことと、在庫がもう一つだけあったことで助かりました。
ググると日本国内ではそんな多くないと思われるこの手のトラブルエピソードが
結構あるので皆様もお気を付けください。
P6041679.jpg

P6041680.jpg

P6041682.jpg
陸上走行用のタイヤは回りますが可変しないので道路は走行できません(笑)
道路走行可能だったらモジュール内からポイント完全撤去してもよかったのですが
牽いてきた貨車の反対側に連結する際は道路を通って機廻しとか面白いかと(笑)
DCC化が後退したのは心残りですが、今後は何とか全体の完成を目標に
進捗していければと考えています。
久々の更新
前回からかなり日が経ってしまいました(笑)
書こうと思っていることがそれなりにありますが
それは次回にして(笑)今回は近況を。

TOMIXのDF200-100(ノーマル)を購入しました
P6031671.jpg

P6021668.jpg
ウェザリングをガッツリ施そうと構えていたのですが
製品の素晴らしさに躊躇っております(笑)
画像のモジュールがなぜこうなのかは、大きな意味はないのですが
次回になんとな~く書ければと思っています(笑)